更新日:18年05月10日

2018年2月定例会 本会議質問と当局答弁



石田康高議員(代表質疑、90 分)

  • 安倍内閣が狙う憲法9条改悪が、国民と市民に何をもたらすか
  • 原発の再稼働中止
  • 雇用と人口減少対策
  • 国民健康保険の県単位化について
  • 市立病院独法化と、八幡病院の医療水準の改善
  • 住宅リフォーム制度について
  • 公共施設マネジメント
  • 折尾地区総合整備事業について
  • 下北道路について
  • 平和資料館

 

藤元聡美議員(一般質疑、30 分)

  • 中学校の制服について
  • 市民が望む市営墓地のあり方について
  • 児童文化科学館について

出口成信議員(一般質疑、30 分)

  • ごみ袋料金の値下げについて
  • 小倉北特別支援学校とひまわり学園の拡充について
  • 板櫃町のがけ崩れ対策について

 

荒川徹議員(一般質疑。30 分)

  • 核兵器禁止条約への参加について
  • 「平和資料館」( 仮称 ) 基本計画について
  • 玄海原発再稼働について
  • 戸畑こどもと母のとしょかん存続を

 

高橋都議員(一般質疑、30 分)

  • 公共施設マネジメント「門司区モデルプロジェクト」について
  • 学校給食の無償化について
  • 放課後児童クラブの改善について

 

田中光明議員(一般質疑、30 分)

  • 介護保険料の引き下げについて
  • 生活保護を使いやすくする方策
  • 正規の教員増について

 

藤沢加代議員(一般質疑、30 分)

  • 低所得高齢者への家賃補助について
  • 城野遺跡公園の建設について

 

 

Get Adobe Reader web logo PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。
詳しくは、アドビ システムズ社のサイトをご覧ください。※ご提供するデータは、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性を完全に保証するものではありません。
※これら各種データをご利用になったことによって、生ずる一切の損害についても、責任を負うものではありません。
※当データの著作権は日本共産党北九州市議団に帰属するものです。

<< >>