更新日:20年04月28日

コロナ対策臨時市議会のお知らせ(会期は2日間)



日本共産党北九州市会議員団

 

新型コロナウイルス感染防止対策に向けた4月補正予算案が議会へ提案され審議されます。

安倍内閣の閣議決定をくつがえし、一人10万円の給付金が実現したのは、国民世論の力です。北九州市の令和2年度4月補正予算総額1671億9089万円を計上しました。党市議団が要請したPCR検査拡大などの内容も含まれています。質問日時とテーマをお知らせします。

 

会期日程  4月30日(木)~5月1日(金)の2日間です。

4月30日(木)本会議  質問者と質問テーマ(各30分)

               

荒川  徹 議員 4月30日(木)14:00~14:30

①保健所及び帰国者・接触者相談センターの体制充実

PCR検査体制について

③医療崩壊を招かないための対策について

④発熱外来の設置について

⑤医療用資材の供給について

⑥介護・福祉施設、児童福祉施設の感染予防対策について

    

田中 光明 議員 4月30日(木)17:00~17:30

①新型コロナウイルス感染症拡大防止休業協力金について

②雇用調整助成金の上乗せ支援について

③財源について

④国保傷病手当金の対象拡大について

⑤国保険料の減免について

 

() 感染防止対策のため傍聴の自粛をお願いしています。

30日はJCOM放映、インターネット中継、5月1日はインターネット中継で見ることができます

<< >>