更新日:24年01月09日

火災現場の「鳥町食道街」を緊急視察



 1月4日午前、日本共産党北九州市議団は3日午後3時過ぎに出火し、13時間の消火活動でようやく鎮火した「鳥町食道街」(小倉北区魚町1丁目)などを緊急視察しました。
 武内市長の視察とも重なり、消防やマスコミ関係者が多数詰めかけました。地元に戻っていた田村貴昭衆院議員もいっしょに参加しました。
 
 火災現場は、まだ煙の臭いが立ち込め、生々しい焼け跡も。火災による死傷者は出ていないものの、焼損面積は2900平方㍍で、同食道街の22店舗など、計35店舗が焼失(4日現在)しました。2022年に起きた2度目の旦過市場火災に匹敵する規模となっています。

 市議団は、被災店舗への支援とともに、旦過市場火災の教訓が生かされていたのか。緊急の申入れとともに、3月議会でも取り上げていく予定です。

<< >>

  • アーカイブ:

  •  


  • 無料法律・生活相談

  • 最新:市議会ニュース



    市議会ニュース 100万人の笑顔のために№583

      ↑ PDFダウンロード↑ ↑ PDFダウンロード↑…詳細はコチラ
    一覧はコチラ
  • がんばる物語

  • カクサン部

  • お問い合せ

  • リンク

  • 総閲覧人数

    • 208771総訪問者数: