更新日:24年06月17日

6月定例会 意見書・決議について



6月議会における意見書の反対理由

選挙運動を妨害する活動に対する法整備を求める意見書

今回問題となっている「妨害行為」を容認するものではありません。選挙妨害を行っていた容疑者は、逮捕・起訴されており、現行法で十分対処できると示しています。法改正によって、選挙の自由が規制されることになりかねないため、反対です。

 

地域における「こども誰でも通園制度」の拡充等を求める意見書

子育て家庭の支援強化は必要であると認識しています。しかし、環境の変化は子どもにとって大きなストレスになると考えます。

 

下水道の維持管理・更新におけるウォーターPPP導入に向けての丁寧な対応を求める意見書

民営化を前提とした制度であり、生きていくことに欠かせない“水”に関わる事業は、行政が管理・運営を行うべきです。

 

地方財政の充実・強化に関する意見書

消費税について、国税から地方税への税源移譲について言及しています。また、自治体情報システムについても、各自治体の独自性を事実上制限することにつながる懸念があります。

 

6月議会 意見書・決議 賛否表

2024年6月議会意見書賛否のサムネイル

<< >>

  • アーカイブ:

  •  


  • 無料法律・生活相談

  • 最新:市議会ニュース

  • がんばる物語

  • お問い合せ

  • リンク

  • 総閲覧人数

    • 224943総訪問者数:
  • 北九州市議団公式X